首都圏では待機中移動問題が本当に深刻です。
そんな待機児童問題を少しでも解消しようとした取り組みで登場したのが、企業内保育です。

 

会社で働いている人が、同じ敷地内にある保育所に子どもを預けられるという便利さから注目が集まっています。

ではこの会社の中にある企業内保育所に勤めるのは本当にメリットばかりなのでしょうか?

企業内保育所

 

企業内保育所の現状は?

 

待機児童問題解消の切り札として華々しくデビューした企業内保育所ですが、現状はどうなっているのでしょうか?

 

開始された頃から比べると企業内保育所の数は約4000か所以上と増えてきています。
これはやはり働くお母さんが増えたことが大きな理由で、認可保育所に入れないと仕事復帰もできないという悩みの深さを示しています。

 

育児休暇は最大3年まで取れると法律で決まっています。
しかし、一般企業で3年も休むと職場復帰には大きな課題が残ります。

 

企業としても働き手を失い新しい人材を育てるのは痛手です。
そのため、企業内保育所を設置して、お母さんが働きやすい環境を作り上げようとしたんですね。

 

しかし、この企業内保育所、ほとんどの施設が認可外保育所となっていて、経営が困難になり閉鎖する施設も少なくないのです。
それはやはり認可外保育所なので、自治体からの助成が5年で打ち切られてしまうこともあります。

 

それ以上に利用者のニーズが思ったように伸びず、保育士の給料を賄えない企業もあるのです。
働くお母さんにとってはすごくありがたい施設ですが、働く保育士にとってはリスクを伴う職場でもあるのです。

 

企業内保育所で働く環境は?

 

勤務形態はその企業によって様々です。
正社員と同じ扱いをしてくれるところもあれば、契約職員、パート、アルバイトなどのところもあります。

 

ここには企業内保育所に対しての決まりが少なく、開園する企業の思惑で変わってくるということになるのです。
しかし、認可外保育所の中では比較的条件が良く、従業員数が1000人未満の企業内保育なら平均年収は310万円となっています。

これは他の保育士さんの平均年収とそこまで大きな差はありません。


正社員になると賞与も出ますので、年収が保育園で働くよりも増えたと思う人も多いようです。

更に従業員が1000人を超える大企業の企業内保育所になってくると、平均年収は620万円となっています。
公立保育園で働き続けた人並みの年収ですね。

 

大手企業であればあるほど、福利厚生や給与形態がしっかりしており、昇給も期待できます。
過酷な保育士の勤務状況から抜け出すことができるのも、この大企業の企業内保育所なのかもしれませんね。

 

前回、全国保育士養成協議会についてご紹介しました。

 

その時に「全国保育士養成協議会にはいるにはどうしたらいいですか?」という質問をいただいたので、それについてお答えしていこうと思います。

 

全国保育士養成協議会

 

全国保育士養成協議会は入会できるの?

この全国保育士協議会ですが、個人単位での入会は不可能になっています。
保育士養成の学校や施設単位での入会になります。

 

なので、あなたが保育士の資格を取ろうと通っている専門機関が全国保育士養成協議会に入会しているかどうかで、本当に保育士として必要な事を学べるかどうかが分かるのです。

 

入会に関しては誰でもいいというわけではありません。
入会するまでに、全国保育士養成協議会の理事会で協議され入会が決定されます。

 

なので、その施設が本当に保育士の養成施設として健全であるか。
きちんとしたカリキュラムが組まれているか?

という点が争点になるのです。

 

保育士になりたい人も知っておくべき

 

この全国保育士養成協議会は、現役の保育士だけでなく、これから保育士をめざす人にも知っておいていただきたい団体です。

というのも、保育士の勉強をする学校や講座について、この「全国保育士養成協議会」に加入しているかどうかというのが、ひとつの基準になるからです。

 

今、保育士不足が叫ばれている中で、保育士を育てる学校や講座も増えてくることが予想されます。

そんなときに、質が良いものばかりだとは限りません。

 

中途半端な知識やスキルしか身についていないと、子どもたちに危険が及びますし自分の保育士としてのキャリアももったいないことになってしまいます。

なのでしっかりと見極めましょう。

 

入会すると、全国のブロックに別れた会員にも同時に入会することになります。

 

それは「北海道」「東北」「関東」「中部」「近畿」「中国・四国」「九州」といった施設の所在地によって振り分けられます。


年に一度、総会も開催されていますので、保育士養成に関する最新情報を受け取ることができるんです。

こういった情報をきちんと受け取っている養成校だからこそ、保育士の資格をきちんと取得できるという目印にもなりますね。

 

 

資格が取れたら求人情報を集めましょう!

 

保育士の資格が取れたら後は保育園を決めるだけです。


冒頭でも言いましたように、今、保育士は売り手市場で求人もたくさんあります。

きっとどこに行けばいいのか分からないでしょう。


そんな時は、保育士の求人サイトを活用しましょう。

ほとんどのサイトが無料で登録でき、コンサルタントさんがあなたの就職を後押ししてくれます。


是非、働きやすい求人を求めるのなら、こういったツールを活用しましょう。

 

待機児童問題と切っても切れない関係にあるのが、保育士不足の問題です。
保育園をいくら作ってもそこに働く保育士がいないと施設として立ちゆかないからです。

そのため、どの保育施設でも、求人はたくさん掲載しており保育士は売り手市場となっています。
保育士を目指すには一体どうしたらいいのか?と迷った時は、こんな会があるのを知っていますか?

それは全国保育士養成協議会です。
今回はこの全国保育士養成協議会について詳しくご紹介しましょう。

 

全国保育士養成協議会

全国保育士養成協議会の活動は何?

まず、この名前からも分かるように、この全国保育士養成協議会というのは、保育士の養成に力を注いでいます。
いくら保育士不足だからと言って、クオリティの低い保育士をというわけにはいきません。

保育士の充実は急務ですが、それ以上にクオリティの高い保育士をたくさん保育現場に送り出すということが必要になってくるのです。

保育に関わるということは、保護者に替わって子どもの育ちに関わるということになるのです。
そのため、重要な役割を担っていますし、そういった責任と自覚が必要になってくるのです。

そこで、全国各地で行われている保育士養成のカリキュラムを日々研究し、どうすれば保育士としてより素晴らしい人材が作ることができるのか、ということを請け負っている機関です。

「指定試験機関」というものを全国の都道府県の知事から任命され、保育士試験での実務を全て請け負っているのです。
試験についてはもちろん、出題内容や実施の決定などをしています。

他にも、保育士養成校の教育内容をチェックしたり、保育士養成に関する研修なども開催しているのです。
各自治体で行われている保育士の研修会なども、全国保育士養成協議会が取り仕切っています。

もし、あなたが自治体が宣伝している保育士の研修会に参加したと思うのなら、全国保育士養成協議会に問い合わせると詳しいことを知ることもできるんですね。


発刊資料を手に入れることもできる

全国保育士養成協議会では発刊された過去の発刊物を買い求めることができます。
それは公式サイトに行くと、その手続きができます。

公式サイトにはこちらから。
https://www.hoyokyo.or.jp/

今までの保育の遍歴を見れるとともに、今の保育の最新情報について知ることができるのです。

保育士養成協議会に入会することは個人では叶いませんが、発刊物を手に入れ、何が今求められているのか?ということを知ることはできるのです。
また、専門性にも非常に富んでいますので、専門誌としての読みごたえも十分にあります。

また、保育士養成校に通っていなくても、保育士の資格は取れます。
それはこの全国保育士養成協議会が開催する、保育士試験を受験し、合格すればいいのです。

この資格は全国統一の資格です。
そのため、一度取得すると更新手続きなどもありません。

保育士として働きたいと思っているのなら、是非、受験をお勧めします。

こんにちは、ルーニーです。

おすすめ情報をご紹介していく前に、もうちょっとだけこのブログの説明をさせてください。

このブログを立ち上げようと思ったきっかけ

なんでこんなブログを作ったか?ということをお話ししようと思います。

私は、ちょっと前まで保育方法や人間関係にとても悩んでいました。

保育士にかぎったことではありませんが、ほかに仕事の愚痴を話せる友人もいませんし(とっても狭いコミュニティなので、「あの子こんなこといってたよ」とすぐに広まってしまうんです^^;)、他の業種につとめている子たちは「保育士いいな〜こどもかわいいんでしょ〜」という感じで、仕事のつらいことを話せるような雰囲気ではありません。

もう保育士やめて、OLさんでもやろうかな?と思っていました。

でも、そんなときに勇気づけられていたのが、現役の保育士さんが書いているブログだったんです。

こまごまとした保育のコツだけでなく、キャリアについての考え方や、人間関係のトラブル対処法など、簡単なことなのですが目からうろこ、という感覚でした。

また、ちょっとはげまされるような気持ちになりました。

このブログで目指すこと

私がはげまされたブログのように、わたしも保育士さんにとって役に立つ情報を発信していきたいと思っています。

ふかく悩んだ経験もありますし、きっと同じような状況に陥っている保育士さんもいらっしゃるのではないかと思います。

一生懸命かいていきますので、これからもよろしくお願いいたします。

はじめましてのご挨拶

こんにちは、ルーニーです。

ブログを立ち上げてみたので、今思っていることなどを書いておこうと思います。


筆者について

わたしは、福岡で保育士をしています。

最近の保育業界は、待遇のわるさや仕事の苛酷さが注目されるようになり、昔からずっと続いていた「待遇の低さ」「それに見合わない仕事の苛酷さ」が見直されようとしています。

某ドラマで、保育士3人が「給料の倍はもらわないとやってられない」と子どもの誘拐+身代金要求をするエピソードがありましたが、この「やってられない」という気持ちよくわかるなーと思いました。
といっても子ども大好きなので誘拐とか絶対にしませんよ^^;

あと、最近では、「保育士資格をもってないのに保育をおこなって、乳児を死亡させてしまった」というニュースが取り上げられていましたね。

「子どもを預かる」ということ

子どもを預かる、というのは本当に難しい仕事です。

その子を、安全に預かるだけでなく、将来を考えて正しく適切に導いていく必要があります。

なので専門的な知識もいりますし、何年経験をつんでも「もうこれでいいか」ということはありません。

とっても難しいけど、とっても奥が深いです。そこに、保育士としての仕事の醍醐味があるんだなと思います。

おわりに

まとまりがなくなってしまいましたが、私の自己紹介はこんな感じです。

次回は、このブログを書くことになったきっかけについてご紹介します。


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

 

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM